コロナショックで変わる新しいランニングのスタイル

コロナウィルスの感染拡大により、ランニングはもちろん働き方や生活まで一変した"コロナショック"
マラソン大会は軒並みなくなり、喪失感でいっぱいだったランナーも多くいるのではないでしょうか?

政府から適度な運動をとは言われるものの、様々な意見がある中で
誰かと一緒に走ること・街中を自由に走ること…等今まで普通だったランニングは今は難しくなりました。

ソーシャルディスタンスにより1人で走ることが推奨され、
外出自粛やStayHomeによりそもそも走ることがどうなのか?と悩んでいる方もいると思います。

ライフワークとしてランニングをして積み上げてきたランナーにとって、
走ることで気持ちをリフレッシュしてきたランナーにとって、
走ることが大好きで楽しんでいたすべてのランナーにとって、、、
今はキツい状態だと思いますが、
それでも、【今できる中で今できるラン】について考えてみました。 2020.05.13

コロナに負けるな!

◇Buffラン
◇GPSラン
◇Zoomラン

#Buffラン 伝染らない、伝染さないためにも。
#GPSラン GPSで作るMAPアート
#Zoomラン Zoomで一緒に走ってる気分。

◇橋ラン
◇銅像探し
◇お買い物ラン

#橋ラン 出てくる橋を数えながら
#銅像探し 街中に出てくる銅像を探しながら
#お買い物ラン お買い物前にちょっと遠回り

◇サンライズラン
◇オンラインマラソン
◇通勤・帰宅ラン

#サンライズラン 朝日と共に
#オンラインマラソン オンラインでマラソン
#通勤・帰宅ラン 公共交通を使わず感染予防

【人の少ないところを、人の少ない時間に。】
*GPSラン、Zoomラン、オンラインマラソンはスマートフォンの画面を見ることが多く
注意力が低下しがちですので安全に留意し、実際の交通ルールを守って走行ください。

[新しい生活様式]で楽しめるRUNのカタチをPickupしてみました。

様々な意見がある中、私自身走ることに葛藤をする日もあります。
なので、私自身は走るためだけのランニングはほぼしておりません(T_T)

コロナ以前のように、"走る"を楽しめる日が、一日も早く戻ってきますように。
そして一日も早い終息のためにランニングマナーを守りましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で