#帰宅ランで備えよう

あれから10年。
あの日あなたはどこにいましたか?

「帰宅ランで備えよう」は
東日本大震災が発生した3.11と関東大震災が発生した防災の日9.1に
徒歩ルートを帰宅ランで確認したり呼び掛けることを目的にした啓発活動です。

徒歩ルートや広域避難場所の確認、
津波の時はココが危ない、地震の時はこのビル危ない、なんて想定しながら。
"何かの時" 徒歩で帰る時に少しでも不安を軽減できるように。
道が分かっているだけで、きっと安心感は違うはず。
走れない距離の方は地図で確認するだけでも"何かの時" 助けになるかも?
"何かの時" なんて来ない方が良いけど。

#帰宅ランで備えよう に参加する

帰宅ランに備えように参加する方法は全部で3つ
どれか1つ参加できるものだけでも良いし、全部ならもっと嬉しい!

1 “帰宅ランをする”ウォークでも可!
緊急避難場所の看板や海抜表示などを帰宅ランしながら確認しよう!

2 #帰宅ランで備えよう #311帰宅ラン #走ることでできること
防災にまつわる景色と上記ハッシュタグをつけてSNSに投稿。

3 3.11 20:00 Clubhouse ルームに参加
走ることでできる防災について考え、気軽に話そう!聴こう!

帰宅ランしながら確認しよう

緊急避難場所を指し示す"アローツリー"

指定避難ビル

海抜○○mの表示

3.11と9.1には帰宅ランをしながら 【帰宅ランで備えよう】 や 【311帰宅ラン】 【防災帰宅ラン】【走ることでできること】ハッシュタグをつけて #帰宅ランで備えよう #311帰宅ラン #防災帰宅ラン#走ることでできること でご投稿くださいね。

投稿しても何も当たらないけど…
あなたの投稿で何かの時に誰かが助かるかも?

シブヤアロープロジェクトがそうであるように、いくら防災のためとは思っても楽しくなかったら続かないと思っています。
常に防災のためを考えるのではなく、日常の中に組み込めたら思い出してくれる頻度も違うのではと思いました。
思い出してくれる頻度が高いほど、いざというときに思い出すスピードもきっと早いと思うので。

何かの時に1人でも思い出し、1秒でも不安が少なくなることを願って。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で