走る女性が美しい、 その理由と効果

走る女性は何となくキラキラしてる、そんな風に思ったことはありませんか?
何となくそんな感じはするものの、裏付けてくれる理由があることご存知でしたか?

【走ることで美しくなるその理由と効果】

◇基礎代謝が上がる
◇前向き思考(ポジティブシンキング)になる
◇心地よい汗をかく
◇生活リズムが整う
◇美肌ホルモンの活性化
◇アンチエイジング

基礎代謝が上がる

ランを続けると基礎代謝(呼吸しているときなど平常時に消費されるカロリーのこと)が上がり、運動しないときでも消費カロリーが増え、眠っていても脂肪を燃やせる太りにくい体になるのです。一度基礎代謝が上がれば、毎日走らなくても、太りにくい体質となり、
寝ていても脂肪が燃える理想の体質へ変わっていきます。

ポジティブシンキング

わけもなくイライラしたり落ち込んだりするのは、セロトニンという脳内物質が減ることが原因のひとつ。
不規則な生活をしていると、分泌量が減り、ネガティブモードに。
セロトニンを増やすには、規則正しい生活をすることが効果的ですが、
ゆっくりペースで走ることも効果的。
家で落ち込んでるよりも、走って気分を一新しましょう!

汗をかく

汗をかく

1日中空調のきいたところにいることが当然になっている人は体温調整するための毛穴の機能が低下しがちです。
結果、機能が低下し肌トラブルの原因に・・・。でも、走ると、毛穴が開き、適量の皮脂が分泌され、開閉機能が活発になります。
さらに、汗もしっかりかくことで、肌の水分油分バランスが整います。 また、肌表面にたまった古い角質が原因で、ガサガサ肌の方は 、
汗には角質をふやかしてはがれやすくするという自然のピーリング効果を使って、肌のターンオーバーを促しましょう。
色々汗をかくことでの効果はありますが、爽快感が何より気持ち良い!

生活リズムが整う

朝起きてボーっとして体が動かない人は、自律神経がうまく働いていない可能性があります。
朝ランすると交感神経が刺激され、体が活動モードになります。そして体は長時間活動モードを保てないので、時間が経つと副交感神経に
代わり、夜はぐっすり快眠に。
朝しっかりしたリズムを作ることで、体調が整います。

美肌ホルモンの活性

たっぷり睡眠をとった後に肌がつるつるになるのは「成長ホルモン」の働きによるもの。
しかし、その「成長ホルモン」の分泌は20歳がピークで、後はどんどん減っていきます。ところが、運動をすることで「成長ホルモン」の
分泌量を増やすことができます。走ることで、安静時の数十倍もの美肌ホルモン(成長ホルモン)の分泌が促せると言われています。

アンチエイジング

若さを保つには、最近の老化を防ぐ「抗酸化力」がポイントです。 そのためには、抗酸化性分の含まれた食品も大事ですが、
走ることも有効的! 有酸素運動は、大量に酸素を取り入れるため、老化の原因となる活性酸素を排出する力が高まります。
運動をしている人は、運動をしていない人と比べると早期死亡リスクが50%も低下するそうです。

女性ランナー キレイ

今走ってる方も、まだ走っていない方もこんなにちゃんと[走る女性が何だかきれいな理由]があるの知っていましたか?

すでにランナーな方はますます自信を持って。
まだ走ってない方は、なんか走らないのもったいなく思えてきませんか?
走ることでこれだけの良いことがあると知るとなんだか走らないことがもったいなく思えてきませんか?
それだけでも充分走る理由になりますね!

もったいなく思って来た方は…まずは楽しく感じれる3キロ程度の距離から。
さぁ、ハイヒールを脱ぎ捨てて走りませんか?

ハイヒール マラソン ランナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう