■さらに大会では

・靴の選び方

これは雨の度合いにもよるけど、メッシュ系の靴か、そうでない靴か悩むところ。 メッシュ系の靴だと雨が入るけど雨が出ていきやすい。 そうじゃないと雨が入って中でカポカポ、ぐじゅぐじゅすることも。 しとしと雨くらいなら通気性普通くらいのシューズを、ざぁざぁ雨なら通気性の良いシューズがおすすめです。 また、直前まで足を濡らさずに備えられるよう、靴にシャワーキャップやポリ袋をまくのも有効です。

 

・ツバ付きランニングキャップ

雨ランに使うのは、ツバの付いている帽子か、サンバイザー。 ツバを深めに被って顔を雨から防ぎます。 顏が濡れるストレスは大きく、視界も遮ります。 ツバがあるだけで、顏が濡れず視界も良好に。 雨の日用のランニングキャップは防水性のある素材を使っているので特におすすめです。
自分で検索するときには、[防水・速乾]等のキーワード追加。
雨ランには是非、持って行ってほしいMust ITEM!!

・長袖のポリ手袋を

ランニンググローブや軍手で冬場は防寒対策をされる方が多いですが、雨天時はその上からポリ手袋・薄めのラバー手袋をすると、防水と保湿力が高まります。 長袖で肘のところに輪ゴム止めがあるロングポリ手袋は使い勝手がよくておすすめです。
輪ゴム止めがあるロングポリ手袋が見つからない場合は、ロングポリ手袋の上部を輪ゴムで止めても簡単に代用可。
画像のゴム止め&ロング丈のポリ手袋は渋谷CanDoで購入。

 

・レインコート / ポンチョ

・ウインドブレーカー

ウインドブレーカーと言えば、雨の日に使う物といった意識がある方が多いですが、実は撥水性のないウインドブレーカーも販売されています。 なので、購入時にはご注意を。
インターネットで購入する場合は、商品説明とクチコミをよく確認してからご購入がおすっすめです。
スポーツ用品店などで購入する場合は、店員さんに使用感等をよく聞きましょう。
撥水性機能と防風機能を兼ね備えたウインドブレーカーは、お値段もそれなり。
雨上がりに太陽が照りつけるととても暑くなります。 一度きりで捨てるにはとてももったいないので、 脱いだ時、ポーチ等に入るか?一度身体が温まったら着ずにいられるか?シーンを想定し熟考して合うものを選びましょう。

 

・ワセリン ヴァセリン

通常の大会でも、皮膚の保護のために塗り込んでると思いますが、雨の大会ではより念入りに塗り込んで下さいね。 晴れているときより擦れたり、雨で皮膚がふやけるからしっかり、たっぷり念入りに。

 

・中身はすべてなるべく小分けにジップロックへ。
タオル・お財布・スマホ等全部まとめて入れると濡れる機会(リスク)が増えちゃうので減らすためにも小分けにする一手間を。 

タオル・バスタオルはそれぞれ小分けに。

お財布の中身・お財布が絶対必要で無ければ、雨の日は普段使っている財布からジップロックに必要なものだけを移して入れて。お財布が汚れることや万が一の紛失からガード。 さらに、ジップロックなら透明だから何が入っているかもすぐわかってスムーズ。 

・ゴミ袋 / ポリ袋を多めに
持っていると何かと使えるゴミ袋&ポリ袋。 ゴミ袋は、雨や汚れから荷物をガードしたり、座るときにひいたり大活躍。もちろんゴミを捨てるときにも。 ポリ袋は汚れた衣服のまとめや、スタート前まで雨から靴を守るのにも使えたり。 

・替えの靴
冷えてる靴はすぐに脱いで。替えの靴に履き替えましょう。 
・荷物を入れるバックは晴れてる日よりも大きめなものを
雨の日のバックは晴れているときより大きめサイズのものを。 大会時には、参加賞などを頂き、行きより帰りの方が荷物が多くなるもの。 普段は手持ちするようなものも、雨だと片方の手が傘でふさがっていますので、 荷物はなるべくまとめてバックに入れられると傘を持つ手も楽です。 
・ホカロン
ホカロンはすぐに温まるのでおすすめ。足が冷えてるので靴用ホカロンも◎ 

■注意点

レインコートでもポンチョでもウインドブレーカーでも、大会の日が雨の場合は、白(透明)のものを着用して下さい!

なぜなら、大会本番はゼッケンが必須だから。
コースの内外からゼッケンが見えるようにしておく必要があるのです。
ポンチョやレインコート等にゼッケンを貼り付ければ?と思うかもしれませんが、それだと雨が止んだ時に脱ぎ捨てることが出来ず、暑くなっても捨てることが出来ずに何キロも手にもって走ったりすることも。

また、雨が止んだからといってすぐに捨てるのはNGです。雨がすぐ降り出す心配や、雨にあたっていることで普段よりも体が冷えている所にさらに風があたり、体を冷やします。

捨てるときには、体が温まったのを感じてから給水所のゴミ箱へ捨てましょう。

練習の時は、明るい色のレインコートやポンチョを。 暗い雨の日は視界が悪くなりますので、車の方や歩行者に気付いてもらいやすいような色を選ぶことも安全に走る中で大切な事。

また、腕が濡れると、思っている以上に体は冷えます。脚だけでなく、腕にも気を遣ってあげて下さい。

雨の中走るウェアは、人それぞれ好みがより強く出ます。 雨で濡れた服は、乾いてるときと生地感・着用感が大きく変わります。
例えば、いつものさらっとしたTシャツが身体に張り付いたり、タイツの締め付けが強くなったり。
普段から雨の中でも走っておくことで、ベストなウェアを選べること。
それだけでも不安の原因を一つ取り除くことが出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう