星峠雲海マラソンと越後妻有アートトリエンナーレday2
午前二時起床。

2時起床って…起床というの?
3時から会場へ向かうバスの誘導お手伝い。
こんな早いのに皆さんちゃんと集まってるなんて!
ランナーって朝早いんだな…

もちろん外は真っ暗。

会場バスを見送り私たちも会場へ。
星峠雲海マラソン
体育館で開会式を行い、ショートフィルムが棚田の美しい景色を映し出すと魅入るような雲海や棚田の景色。

4:30スタート。

日の出前スタートなので、スタートになってもまだ真っ暗。

星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン

気になるランナーさんがいたのでその方について最後尾を走ることに。
後から聞いたらスイーパーと言うそう。
[本当のスイーパーはちゃんと制限時間に間に合わせる等の役割です]

星峠雲海マラソン

星峠雲海マラソン

少しだけ明るくなってきました。
星峠雲海マラソン
星峠 雲海 マラソン

頂上より手前で日の出。
山の間から日が見えます。

星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン星峠雲海マラソン

棚田の広がる山頂からの朝焼けや雲海は見えなかったけど、日が昇ると稲穂に付いた朝露が輝いて。
稲穂 星峠

朝露が付くことがコシヒカリの美味しさを作るそう。
そんな話を聞いたりしながらの頂上までの6キロ。

最終ランナーの方も頂上へゴール!!

早くヘルニア治りますように!頑張ってる姿がぐっと熱くなりますね。

頂上では楽しみにしてた地元コシヒカリのお米を使ったおにぎりと地元で採れたきゅうりのお漬物、それを包む大きな笹。

こちらは頂上から日の出の様子。
星峠 雲海 マラソン 2018

おにぎり隊が握ってくれた愛情詰まったおにぎり。
一枚一枚拭いてくだった、大きな笹の葉。
星峠 おにぎり 頂上 おいしい コシヒカリ

ゴールはしたけど、閉会式の会場まではラン。

先ほど見てきたキロ数の書いてある米袋の裏面には
帰りは加納さんからの直筆メッセージが記載されていて、下るたび現れるメッセージ。

5.5 この気持ちを一言で言うと?
5.5km 【この気持ちを一言で言うと?】

 5 キロ 星峠雲海マラソンが私に気付かせたもの何がある?
5km 【星峠雲海マラソンが私に気付かせたもの何がある?】

4.5キロ だれに伝えようか? 何て伝えようか?
4.5Km 【だれに伝えようか? 何て伝えようか?】

4キロ もしかして気付いていないだけで素敵なものがあるんじゃない?
4km 【もしかして気付いていないだけで素敵なものがあるんじゃない?】

3.5キロ 星峠をはじめとしたこの美しい棚田を次の世代に残していきたい
3.5Km 【星峠をはじめとしたこの美しい棚田を次の世代に残していきたい】

3キロ 私ができることって何があるだろう?
3Km 【私ができることって何があるだろう?】

2.5km 1人の一歩は小さくてもみんなの一歩は決して小さくない。
2.5Km 【1人の一歩は小さくてもみんなの一歩は決して小さくない。】

2キロ できることからはじめよう。まずは一歩踏み出す勇気。
2Km 【できることからはじめよう。まずは一歩踏み出す勇気。】

1.5キロ 未来の子どもたちに誇れる今という時代をつくっているのは私
1.5km 【未来の子どもたちに誇れる今という時代をつくっているのは私】

1キロ さぁ、何からはじめようか?
1Km 【さぁ、何からはじめようか?】

地産地消もこの大会のテーマの一つ。
地元を想う気持ちと、この土地・この美しい景色への愛情がいっぱい。

こんな素晴らしい大会の第一回目を走れたことや、走るご縁を繋いでくれたランニングにも感謝。

棚田がこんなに美しいなんて、
朝露を付けた稲穂が光って見えるなんて、
朝露のおかげで大好きなお米が美味しいんだって、
自然の中を走るランナーがきれいなんだって初めて気付いた星野峠雲海マラソン。

ランナーもアート、作り手側もボランティアもみんなで作ったアートということで大きな大きな集合写真。
E067 星峠雲海マラソン *松代エリア マラソン 雲海
【E067 星峠雲海マラソン *松代エリア】

こんなの初めて!がいっぱい溢れる素敵な大会にみんな笑顔。

この後は続きのアートトリエンナーレ巡りへと続きます。
>>>【星峠雲海マラソンと越後妻有アートトリエンナーレday2-2】

大地の芸術祭 のアート作品の一つとしての #星野峠雲海マラソン に参加させて頂きました! https://hoshitoge.run 日の出前にスタートし、自然を感じながら走って星峠の棚田にゴールした後は、地元のお米コシヒカリで作られたおにぎりがまっているマラソン大会じゃない、大会。 前夜にボランティアの方々の説明会に同席させて頂き、大会プロデューサーである加納由理さん、成瀬拓也さん、吉澤永一さんから大会への想いなどを聞いて人の想いって伝わるんだなと実感。 成瀬さんからの「山頂で地元のおにぎりときゅうりで作ったお漬物を頂上で食べるのもこの大会の目的の一つ」って言葉に走るの遅いけど来て良かったんだと一安心😆 加納さんが2014年に引退した後、成瀬さんと一緒に走って「なんだこの素晴らしい景色は!」と思いこんな景色をみんなに伝えたい。と思ったのがこの星野峠雲海マラソン開催のきっかけだそう。 マラソンを一つのアート作品として、マラソン体感型アートを楽しむこと、感動を切り取るということ。 参加者も作り手側ということで、こんな大きなアート作品を一緒に作れたことに感動。 移動しながら感じること。[走る] 体感して切り取ること。[写真] また地産地消も実は…の裏テーマ。 給水の水は地元の名水 ゴール後のおにぎりは地元コシヒカリのおにぎり。 スタートの台はトラック。 ゴールテープは荒縄。 キロ表示の看板は米袋。 ふんだんに取り入れるアイディアに驚き✨ 会場へ向かうバスへと誘導をし、朝早い中でも沢山のランナー達。 ちゃんと起きててすごい(^-^; 朝 4時半。スタート。 日の出前だから真っ暗… 私はラストランナーと一緒に行ったため、頂上での日の出には間に合わなかったけど、山の途中から朝日が昇って朝露が輝く稲穂がキレイ。 稲穂に朝露が付くのはとても大事だそうでそれが美味しいお米になるんだとも。 走りながら棚田の作る風景や、そこから見る景色の壮大さに驚き、沢山のことを聞いて改めて、こんなにもキレイなんだと。。。 実は米袋の裏には問題提議のメッセージ。 ・今の気持ちを一言で言うと? ・星野峠雲海マラソンが私に気づかせてくれたものは何がある? ・誰に伝えようか?なんて伝えようか? ・もしかして気付いてないだけで素敵なものがあるんじゃない? ・星峠をはじめとしたこの美しい棚田を次世代に残していきたい ・私が出来ることって何があるだろう? 等々。 とても沢山のことを考え、学ばせて頂き、感動をくれた2日間。 こんな素敵な大会の第一回目に参加できたこと、うっかりばかりやらかしたのに、優しいほっこりRCの皆さんに感謝です。

run+さん(@runplus)がシェアした投稿 –

*本ページ写真の一部は、一緒に参加させた頂いたほっこりRC&運営スタッフの方が撮影したものをお借りしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です