RUN+ 雨の日ってどうしてる?

今日は走るって決めてたのに。
そんな気持ちを凹ませる雨。。。
雨は嫌いじゃないけど、走ると決めてた日に雨が降ると何だか残念な気分。

一緒に走ろっ!って話してたのに、「今日は雨なので行けません」なんてlineが入ると欠席がバタバタと…なんてコトもありますが、
雨が降ってる日は本当に走れないのでしょうか?

外を見て雨だとモチベーションも下がりますし、風邪のリスクが高まるとも言えますが、雨の日に走るメリットも少なからずあるんです。

また、走る頻度はどのように決めていますか?
2日に1回と決めていたり、曜日を決めて走る派、休みの日だけ派、週一派などそれぞれだと思いますが、
2日に1回派の方は翌日にまわすことで走る頻度を変えずに維持できますが、週に1度この日に!という方や、この日しか走れないという方、休みの日派の方は、梅雨時など休みの日の天気予報が全て雨ということも珍しくはありません。

それが、何週間も続くと全く走れていない状態にストレスを感じることもあります。

ブランクが長くなるとストレスだけではなくせっかく身に着けた脚力の維持も心配です。
そこで、雨の日にも楽な気持ちで走れる雨の日のランニング= "雨ラン" のコツをご紹介。

"シャワーラン"という言葉もあるように、雨の日のランニングも工夫と事前の準備、そして気持ち次第で雨でも、ぐっと楽しむことが出来るんです!

雨だからって諦めないで!雨の日のランナー的過ごし方

■雨のランニングがおすすめな理由

1.雨の大会でも自信を持てる
大会はいつも晴れだとは限りません。
雨の中でも普段と変わらず練習しておくことで雨天の大会にも自信をもって臨めます。

2.私ってかなりのランナーと自負できる
雨で諦めるランナーも多い中、”アメニモマケズ” 走るのはとっても素晴らしいこと✨

3.日射しが気にならない、意外と心地よい
キレイを気にするランナーの避けたいコトの1つとして日射しは付きものですが、雨の日は日射しを気にせず走れるのが嬉しい。
秋冬の冷たい雨のランニングはそんなに強くはおすすめしませんが、春夏は雨の量にもよりますが、意外と心地よく感じるかも!?

*4月下旬-10月上旬までくらい

4.走り始めると意外に気にならない
走り始めまではうっとおしく感じる雨も、走っているうちに案外気にならなくなることも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう